海辺でバーを開くために

 外資系企業のサラリーマンが、ワインバーを出店するためのメイキングブログ ワイン/料理はもちろんのこと、海、旅行、仕事、ライフスタイル情報も掲載

海辺の美味しい魚たち

海に囲まれていて素晴らしい鮮魚の流通システムがある日本。日本ならどこでも美味しい魚を食べられます。海辺に住んでいると、さらに街中のスーパーでは見られない少し変わった新鮮な魚介類が手に入ったりします。

いつも美味しい魚介を売っている魚屋さん、仲良くしてもらっている漁師さん、休日に開かれる朝一や魚介特売場など、近所には沢山の調達先があります。今日はそんな近所で出会った美味しい魚介をいくつか紹介いたします。

最初はメトイカケンサキイカの小さいものをそう呼ぶようです。三崎産の朝獲れのメトイカを手に入れられるときがありました。柔らかいとろけるような食感と甘味。少し刺身で、一部はフランス産のボルディエバターでソテーしました。

f:id:barlinox:20200531104401j:plain

メトイカのボルディエバターソテー

次は伊勢海老。メジャーではありますが、自宅で調理して食べることは少ないのではないでしょうか。たまに、知り合いの漁師さんから、「今日、いい伊勢海老がいくつかあるので、どう?」などと言われることがあり、分けていただいたりします。生きた伊勢海老をさばくときは、娘が大興奮。プリプリの身を刺身でいただきます。

海老といえば、自分の実家の方では、甘海老が有名なのですが、たまに、活き甘海老を取り寄せることがあります。甘海老はさばいて、2、3日冷蔵庫でおくと、あの独特なねっとりした甘味のある味になるのですが、生きた甘海老をさばきたてで食べると、車海老のようなコリコリの食感なんです。熟成してないので甘味は少ないのですが、これはこれで大好きで、キッチンで飲みながらさばいて食べたりしてます。

f:id:barlinox:20200531104623j:plain

格闘後のイセエビの刺身

少し離れたところの魚も、近所の大きな魚屋さんにはよく入ってきます。見た目も綺麗な尾長鯛。沖縄や八丈島など南の島の魚は、青やオレンジや朱色などの色鮮やかな魚が多いですよね。少し独特の甘みがある南の魚も大好物です。そういう魚の現地の寿司は、わさびのかわりにからしで食べる島寿司というのがあったりします。八丈島の島寿司も忘れられないおいしさでした。

f:id:barlinox:20200531105250j:plain

こちらは三宅島産の尾長鯛のグリル

最後は自宅ではないけれども、近所のお世話になっているすし屋さんでの活きヤリイカ。こちらのお寿司屋さんも地物を積極的に使うお寿司屋さんで、この日は朝獲れのヤリイカにありつけました。すきとおっていて、まだ動いていて、甘みがあってコリコリした触感。小さいころに親父のイカ釣りに同行した時がありましたが、船の上で食べる獲れたてのイカは最高の味でした。イカは新鮮が一番ですね。

f:id:barlinox:20200531105845j:plain

足はまだ動いていて、娘は大興奮

週末は一度はめずらしい魚をまるごと一匹買って、家で料理します。すごく新鮮なのでたいていは一部を刺身、残りはハーブを詰めてグリルや塩釜という場合が多いです。春から初夏にかけては、きれいな白身のお魚が多くありますね。最近では姫鯛、アイナメなどもおいしくいただきました。

おいしい魚や寿司を食べたときには、日本に住めて幸せだなとつくづく思います。読んでいただきありがとうございました。

 

空港飲みの楽しみ!

多い時は年間で海外10数回、国内も20回以上の出張があったりします。妻も自分に引けを取らず海外出張が多く、プライべートの旅行も含めると空港に滞在する回数、時間ともに長くなります。これまでいろいろな空港に何度何度も行っていますが、空港にくるといつもなんとも言えないわくわく感と寂しさが混ざった感情になります。そして、やっぱり飲みたくなります^^

通常の空港飲みのメインは航空会社のラウンジです。これだけ出張が多いと、フリークエントフライヤーズプログラム(FFPマイレージプログラム)のステータスがあがり、マイルもたまります。ステータスがあがると、ラウンジを利用することができます。

f:id:barlinox:20200525145313j:plain

世界一周出張に出かけるときの羽田空港のラウンジ

日本の空港だと、羽田、伊丹、小松、成田、福岡、沖縄、関西、神戸といったところが、よく使う空港です。その中でも国内便でも国際便で使う羽田のラウンジが、圧倒的に多いです。羽田の国際便は深夜のことが多いので、出張時の夜ご飯は羽田のラウンジでぱぱっと食べます。時間に余裕があれば空港のレストランにも行きたいのですが、いつもぎりぎりになってしまうのが悪い癖です。そしてラウンジでおつまみとワインなどを飲んでから、日本を離れるためやっぱりカレーや蕎麦、とんこつラーメンなどを締めに食べたりしてしまいます。

海外の空港のラウンジだと、その土地土地の食べ物などが楽しみですね。印象に残っているのは、今では観光地としても有名になったシンガポール チャンギ空港とトルコ イスタンブール空港。チャンギではヌードルや点心が揃えられていますし、インスタンブールではケバブ専任のシェフがケバブを切ってサーブしてくれたりします。

f:id:barlinox:20200525161745j:plain

イスタンブール空港でのラウンジ、すごくおしゃれでゴージャス

帰りのフライト時は時間があるときが多いので、ラウンジではなく空港のレストランを楽しめることも多いです。国内だと新しくなった伊丹空港のワイン醸造所、福岡空港でのもつ鍋屋などはお気に入りです。

f:id:barlinox:20200525161357j:plain

伊丹空港のワイン醸造

海外の空港ではもっと楽しみが広がります。現地での仕事が終わり、後は飛行機に乗るだけ。うきうきした気分で、ちょっとした贅沢もしたくなってしまいます。今回はちょっと贅沢な海外での空港飲みを、2つご紹介します。1つ目はイギリス ヒースロー空港のシーフードバー。シンガポールライフスタイル編で牡蠣にあたった話をしました。現在では 1年に数回、どうしても食べたいときやおいしそうな牡蠣があるときだけ、食べることにしてます。以前のようにダースで食べるなんてことは怖くてできません。ヒースローのシーフードバーは、搭乗口のすぐ前にある開放的な空間です。昼間の日差しが大きな窓から差し込む中、飛行機を眺めつつ、楕円形のカウンターで白ワインを飲みながら牡蠣を食べられるなんて、本当にしあわせなひとときです。

f:id:barlinox:20200525165733j:plain

やはり牡蠣にはシャブリでしょうか、開放的なヒースロー空港のシーフードバー

2つめはアメリカ ロサンゼルス空港のキャビア & シャンパンバー。パリの有名なキャビアバーの支店です。この店のパリのキャビアブティックは1920年創業で由緒あるお店らしく、高級キャビアを出しているお店です。行ったことはないのですが、Websiteを見ると15種類ものキャビアを扱ってます。キャビアってそんなに種類あるんですね。調べてみると、サメの種類、大きさによって違うようです。よく聞くチョウザメベルーガが最高峰のキャビアということらしいです。

https://www.petrossian.fr/fr_en/caviar

f:id:barlinox:20200525171421j:plain

ロサンゼルス空港のキャビア & シャンパンバーでの贅沢なひととき

そんなキャビアはブリニというそば粉が入ったパンケーキみたいなものにおいしい無塩バターを塗って乗せて食べるのがおいしい食べ方の一つと言われています。キャビアはもちろん、バターだけでもおいしいのですが、そのハーモニーとシャンパンのマリアージュは格別です。キャビアにはウオッカもいいですよね。こちらはまた別の機会に書けたらと思います。

またいろいろなところに早く行けますように。読んでいただきありがとうございました。

 

ヘビロテ簡単おうちご飯 3選

自分と妻は共働き、それぞれ出張も結構あって、コロナ前は外食も多かったのですが、この状況になって、娘含めて2ヶ月以上在宅。2人とも料理が好きなので、デリバリーは2回程度、それ以外はずっと自分たちで作るおうちご飯です。

とは言っても、毎回新しくメニューを考えるのは大変。オイシックスでの食材キットと、自分達の大好きな料理、それも簡単だけど楽しい料理で過ごしています。今日はそんなおうちご飯の中で、特にヘビロテのメニューを3つ紹介いたします。

f:id:barlinox:20200525131232j:plain

この時期の休日はテラスで気持ちよくタコス

最近もっとも多いのが、タコ。と言っても、海のタコではなく、タコミートのタコ。合挽き肉を炒めて、タコスパウダーで煮込むだけでタコミートの出来上がり。炒めたひき肉は油をしっかりとると、臭みがなく美味しくなります。それにトマト、玉ねぎ、パクチーを刻み、ライムと塩で味付けしたサルサをたっぷりと作ります。市販のトルティーヤやレタスの上に載せて、お好みでチーズやトマトソースをかけます。タコミートの辛さをマイルドにすれば、娘もパクパク食べてくれます。見た目も華やかで、休日の昼下がりからワインと一緒に食べると、幸せな気分になります。

f:id:barlinox:20200525131332j:plain

Brunoのたこ焼き機、ヘビロテです

2つ目もタコ。こちらは海のタコを使ったたこ焼きです。たこ焼きはよくされる家庭も多いのではないでしょうか。自分の家ではそれほど変わりたこ焼きをしませんが、出汁をしっかりとって、山芋、明石焼きで使うじん粉などを使って、生地にはこだわります。妻が関西出身ということもありますが、、、娘にはチーズやシラスを入れて、カルシウム補給。大人はパクチーや辛めのソースなどで少しだけ味変を楽しみます。こちらも用意は簡単。家族全員が大好きなので、月に2、3度はたこ焼きパーティーです。

f:id:barlinox:20200525131637j:plain

本格サムゲタンスープより、サムゲタン風スープの方が好き

最近流行りの3つ目はサムゲタン。とは言っても、本格的に仕込むのではなく、市販のサムゲタン風スープをつかって、鶏と野菜を煮込むだけ。金曜や土曜に作れば、翌日も食べられて、便利。うどんやヌードルを入れて、娘の朝ごはんや昼ご飯で、スープの活用もできます。

自分も妻もワインが好きなので、ご飯を作りながら飲むのですが、前菜とメインの間や、最後の締めとして、スープがあるとほっと落ち着きます。それでまた、ディジェスティフをチーズなどと飲んでしまうのですが。

f:id:barlinox:20200525132054j:plain

地元のいとより、きれいな模様としまった身がいいですね

番外として、魚のグリルは毎週作ります。作るといっても、魚を買ってきて、おなかにハーブを詰めて焼くだけ。週末は海辺で住んでいるので、新鮮でスーパーでは手に入らないような地元産の魚が魚屋さんや朝市で手に入ります。安いけど優れもののオープンで20分程度焼けば出来上がりです。

皆様もおうちご飯、いろいろと工夫されていると思いますが、何か参考になればなと思います。調理器具、おうちご飯の第二弾の記事もまた書きたいと思います。

読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

 

料理って面白い!楽しくなる調理器具 3選!

"まずは道具から"

趣味をするときに、道具から入って、凝ってしまう人、いると思います。自分は"道具から"というわけではありません。でも、面白そうな調理器具を見ると、トライしてみたくなるのが人の常。買って一度しか使わず、棚の奥に眠っている器具は数知れず、ではありますが、今日は自分の家でヘビロテしている、比較的大掛かりな調理器具をご紹介します。

f:id:barlinox:20200522165125j:plain

アナゴと白子、ハナビラタケとトマトの燻製

ピストル型燻製機

アウトドアではにおいも気にせず燻製ができますが、家で燻製をするとなると大変。それに、本格的な燻製はソミュール液に事前につけて、乾燥させてと手間も面倒。自分も、これまで何度か燻製の作り方を試してみましたが、味が濃すぎたり、酸っぱくなったりと、なかなか思うようにいかないときが多くありました。

だけどあの燻製の香りがたまらない、、、事前の準備なく、ほんの少しの香りをつけるだけであれば、このピストル型燻製機は重宝します。また、例えば、透明な蓋のタジン鍋に燻煙を入れて、パフォーマンスとして見せるといったこともできます。単三電池で動き、手入れも簡単。値段は20,000円はしたかもしれませんが、料理を楽しくする遊び道具としては、フォルムも格好よく気に入ってる調理器です。

f:id:barlinox:20200522170018j:plain

ガン燻製機、と自分では呼んでます

ラクレット

正式名称ではなく、自分で呼んでるだけなので名前がいけてないですが、ラクレット機もすごく優れもの。これが導入されたおかげで、我が家のラクレット回数がチーズフォンデュ回数を大幅に上回るようになりました。上下二段が温められる仕組みになっていて、上部で野菜やパン、ソーセージなどをあたためておいて、ラクレットチーズは専用のトレイで下段で温める。トローっととけたところトレイから温めた食材にかけるという非常に簡単な仕組みです。お手入れも簡単、値段も数千円とお手頃で、簡単な準備の割には、少しゴージャスで楽しい食卓になります。

f:id:barlinox:20200522170652j:plain

野菜やソーセージはブイヨンで下茹でしておきます、ラクレットは専用のサイズのものもあります

低温調理器

肉に火を入れるのってすごく難しいですよね。牛、豚、鳥、鴨、子羊など種類によっても、部位によっても、そして形や重量の違いによっても、毎回、絶妙の火入れ加減にするのは至難の業です。一番の難しさは火入れしすぎるとたんぱく質の凝固温度をこえた時間が長くなり、肉が固くなってしまうことです。そこで、この低温調理機。肉によって何度で何時間低温調理すれば、火がなかまでしっかり入るというレシピがあり、スマホと連携して調理できます。これで、肉が固くなったり、ぱさぱさしたりしないで、おいしい肉料理を楽しむことができます。肉と料理によってですが、自分は最後にフライパンでざっと焼き目をつけたりソースをからめたりして、仕上げすることが多いです。

f:id:barlinox:20200523103354j:plain

水をはった鍋にマリネした肉を密封容器に入れて、スマホで調理開始!

いかがでしたでしょうか?まだまだ、しばらくはおうちご飯の割合も多いと思いますので、せっかくなら面白い調理器具で料理を楽しんでみてはいかがでしょう?

読んでいただきありがとうございました。

 

バーの楽しみ方、自分のカクテル

成人してから約10,000日。人生の各ステージで、バーに通った日数を見積もってみると、20代 1,200日、30代 1,500日、40代 600日、トータル 3,300日、3日に1回はバーに通ってる計算になります。バーの軒数で考えると、20代、30代は、1日に複数軒はしごしていたのが普通だったので、延べ5,000軒以上のバーに行ったことになります。自分の記憶をたどって、1 拠点あたりの開拓店舗数などを考えると、国内外含めて500軒くらいがこれまで経験したバーの数となる計算。バー1軒あたりに使う平均金額は、、、計算結果が怖いのでこれはやめておきます。

その中でこれまで100回以上通ったと考えられるバーやパブはおそらく5軒くらい?東京が2軒、神奈川1軒、イギリス1軒、金沢が1軒。東京の1軒は閉店、もう一軒は別のオーナーに。神奈川とイギリスは不明。残りは学生時代から一番長く通っている金沢のバーで、こちらは今も健在、帰省したときに必ずよるバーです。

f:id:barlinox:20200517084043j:plain

色がきれいなジャックローズ、フレッシュざくろがあるときは必ず頼みます

さて、自分の場合、「今日の一杯目は何を飲むか?」というのを考えながらバーに向かうのが常なのですが、おいてある酒やフルーツの種類、店の雰囲気、その日の気分や体調、気候、マスターや常連との会話など、その日の飲むお酒を決定する要素はさまざまあります。また、その年代、年代によって、好みとするお酒も変遷してきました。極端なのは、ポルフィディオというテキーラを飲んでいたころ。その空き瓶を店の周り1周にならべたら、店の名前をポルフィディオにしようというマスターとの会話ではじめたポルフィディオ祭り。他の常連も巻き込んで、数カ月かけて30本近く空けました。店の周りをそのテキーラの空き瓶で並べつくして燃え尽きたのか、それ以降、テキーラをバーで飲むことは極端に減りました。ちなみに、店の名前は変わりませんでした。

f:id:barlinox:20200517084206j:plain

南国のバーで飲むのが一番いいけど、日本でもピニャコラーダはよく飲みます

バーやバーテンダーごとに、自分のお酒、自分のカクテルを見つけるというのは、バーの楽しみ方の一つだと思います。自分の一番好きなお酒やカクテルは?と聞かれても、多すぎて選ぶことはできませんが、一番印象に残っているのは「A#(エーシャープ)」という自分で考案してバーテンに作ってもらっていたカクテルです。

カクテルというよりはブレンドウィスキーなのですが、レシピは次の通り。ショットグラス、またはリキュールグラスにアイリッシュウィスキーのジェムソンを注ぎ、そこにモルトウィスキーのラガブリンを1スプーン注ぐというものです。ジェムソンのAの音に似た甘く少しアンニュイな味を、ラガブリン正露丸のような味で半音?あげるというのが名前の由来です。このカクテルは、東京の中央線沿線に住んでいたとき、数店舗のバーで共通して頼めるレシピでした。頼むのは自分ひとり、まさしく自分だけのカクテルです。

f:id:barlinox:20200517084337j:plain

一時期仕入れがなくなったけど最近は飲めるクラマトで作るブラッディーシーザー

皆様のお好きなお酒は何でしょうか?家飲みが増えるこの頃、自分で作っている方も多いかもしれませんね。自分の好きなカクテルやお酒もたくさんあるので、またいつか紹介できればと思います。早くバーで楽しく飲むことができますように。

読んでいただきありがとうございました。

海辺のBBQに魅せられて - 極上のBBQ体験

屋外で食事を作りながら食べたり、飲んだりすることが大好きです。家のテラスであっても、友達の家の屋上であっても。そして、屋外で食べたり飲んだりするなら、やっぱり、海辺や山でのBBQが最高です。

f:id:barlinox:20200516081628j:plain

厚切りヒレ肉最高!

大人になってすぐの20代前半のとき、常連だったバー主催の海辺のBBQ。このままイベントができるのではないかというような様々なこだわりがあって、これまでやった個人グループでのBBQの中で、あれほど本格的なBBQはありませんでした。

海は繁華街から車で1時間弱、だれにも知られていないような穴場のスポット。木々や崖に周りを囲まれた小さな砂浜。そこに4台のピックアップトラックSUVを3-4メートル間隔で離して、スクエアの頂点になるように停めます。点とは、4台の屋根を支柱にして、大きなビニールシートを張ったもの。BBQは大きなコンロを2,3台、テントの脇にセット。

2台のピックアップトラックは後輪部を向かい合わせにして、2台の荷台にまたがって大きな板を載せます。これでバーカウンターのできあがり。イベント用で使う1メートル四方以上あるスピーカーを2台セットし、オーディオセットにつなぎます。食材のセットも並行して行って、大人10名近くで1時間もかからず、海にぴったりなラテン系の音楽を流し始めて準備完了!

バーの常連ではあるものの、最年少だった自分たちは、交代交代でバーテンダーに。他の参加者の皆様のカクテルのリクエストにシェーカーをふってました。土曜の昼下がりから日曜のお昼まで、BBQはもちろんですが、気持ちよい音楽を聴きながら、踊りながら、昼から夜、朝と変わる海の表情を楽しんでいました。

f:id:barlinox:20200516084121j:plain

海辺のマジックアワーは優しい気持ちにしてくれます

30代のときに毎年行ってた山キャンプでのBBQも素敵な経験でした。数日間、山間の川のほとりでキャンプを張って、マウンテンバイクであたりを走りまわり、昼下がりからBBQで夕ご飯という休日。3人という少人数でこじんまりと山の空気に囲まれながら過ごすのも格別な体験でした。毎日の水浴びで熊と遭遇しそうになったり、夜にはホタルで一面きれいなライトアップが見られたり、都市部ではみられないような満点の星に癒されたり。

アウトドアで活動すると、自然というのは美しいだけでなく、つくづく偉大だと思います。人間は自然に生かされ、自然と共生し、健やかに過ごしていけます。普段の生活では感じられない感情や考えを持つことによって、精神も肉体もリフレッシュされるような気がします。

f:id:barlinox:20200516090015j:plain

最近は山でのガーデンBBQも年に何回かします

今では海辺のBBQを普通の生活のようにできるようになりました。週末や夏休みを海辺で暮らすマルチハビテーションを実験的に始めたの3年前。海辺のBBQは娘がいつも楽しみにしていて、いろいろな友達も遊びに来てくれます。そして、来年には海辺でバーを開くという新しい実験をスタートさせたいと思っています。

皆様が早く自然の中で笑顔で過ごせる日がきますように、そして早く海辺でBBQができるようになりますように。

読んでいただきありがとうございました。

衝撃的なワインとの出会い、カーネーションとアジサイ

カーネーションの香りってどんな香り?妻はワインの資格、アロマの資格を持っているのですが、それほど印象がある香りではないようです。ワインの本を見てみると、確かにワインの香りの一つにカーネーションというのがあるのですが、主要なぶどう品種の特徴的な香りとしてはリストされてませんでした。

f:id:barlinox:20200510123813j:plain

ボルドーサンテミリオン、妻と結婚した年の2012年に1級の格付けされたシャトーアンジェリュースの畑

自分がワインを本格的に飲み始めたのは、20代の後半頃。それまでは、モルト、ジン、ウオッカ、ラムといったハードリカーを好んで飲んでました。20代の後半に中央線沿いのバーで知り合ったワイン好きの方々に勧められるまま、すこしずづ飲み始めました。最初は「こんなものか」とよくわからず、そしてその頃は心から「おいしい!」と感じて飲んでなかったように思います。

そんなときに、新宿のワインバーの会に、そのバー仲間と参加しました。新宿のワインバーには、その後、何度もお邪魔させていただいて、バーの経営者兼マスターとはゴルフや飲み会などプライベートでも仲良くさせてもらっています。その最初のワイン会が、今から考えても衝撃的すぎました。

バーの常連から誘われたときの誘い文句は、「こんな値段であんなワインや、あんなワインが飲めるなんで絶対ないから、ぜひ行くべし!」というものでした。ワイン初心者の自分にとって、20,000円だか、30,000円だかの参加費は、とてつもなく高く感じました。

f:id:barlinox:20200510141103j:plain

ボルドーで最古のシャトー、シャトーオープリオンでのテイスティング

カウンターには、DRC、ドメーヌ・ドゥ・ラ・ロマネコンティーのワインが、何本も並んでいます。そのときはロマネコンティーというワインが高いということは知っていたものの、それが何を指しているのか、どんな意味があるのかわかっていませんでした。並んでいたワインは30本はあったでしょうか。参加者は20名弱。グラスをもって、ワイン好きの常連について、少しずつテイスティングをしていきます。

DRCのエシェゾーというワインを口にしたとき、おいしいという言葉では言い表せない驚きと感動が即座に走りました。経験したことのない別次元の香りとテイスト、今まで飲んでたワインとはまったく違う飲み物ではないかと思ったくらいの衝撃でした。なぜか、はいってはいけない領域に足を踏み入れてしまったような感情をもったことが、今も記憶に残っています。

それ以外にも素晴らしいワインをテイスティングして興奮冷めやらぬ中、ワインバーのマスターが少し奥まったところから手招きしてくれました。バーの常連の一人はワインコレクションを非常に多く持っている方で、そのワインバーの経営者とも仲の良い方でした。このテイスティングがラッキーでは簡単に済ませられないほど、もう一つの衝撃を運んでくれました。

「このワイン飲んでみて、もうなかなか飲めないから」といって、飲ませていただいたのが、アンリ・ジャイエのシャンボールミュジニー。ブルゴーニューの伝説的なワインのつくり手ということは後で知りました。華やかな香りとその後の深みのある香り、さきほどのエシェゾーの深みとはまた違う広がりと深みをもった味わい、、、専門家ではないので、書けば書くほど遠くなるような気がします^^;

どちらもビンテージは覚えてませんが、この体験がその後のワインとのかかわり方を大きく変えました。すぐに50本は入るワインセラーを買って、家で飲むときはワイン、外食するときもワイン、ワインが自分の人生の一部、もしかすると自分がワインの一部になってきたのかもしれません。

f:id:barlinox:20200510141215j:plain

母親が娘に毎年送ってくれる七色のバラのドライフラワー

ワインの香りやテイストの表現は複雑ですが、表現の仕方をしらなくても、素晴らしい感動をもたらし、その記憶は鮮明に残ります。さて、カーネーションの香りや、母の記憶を思い出すような香りのワインにこれから出会うことがあるでしょうか?

現在、自分の母親は骨折のため入院してます。コロナの影響で会いにいくことはできません。今日は、家族で病院の母と電話で話し、妻が秋まで咲くアジサイを実家に送ってくれました。コロナが落ち着いて、夏ころには退院して、そのアジサイを楽しんでもらいたいと思っています。

赤のカーネーションは「母への愛」、赤のアジサイは「元気な女性」というのが、それぞれの花言葉のようです。

読んでいただきありがとうございました、皆様にも母にも感謝をこめて。